住宅型有料老人ホームや介護付有料老人ホームといった民間施設から(特別)養護老人ホーム等老人福祉施設まで様々な角度から紹介していく「シルバーライフサイト」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
特別養護老人ホームとは、略称「特養」とも呼ばれ、身体上または精神上障害があるために常時介護が必要であり、かつ、家庭でこの介護等を受けることが困難な方が入所する介護老人福祉施設で、現在は痴呆症の方の入所もたいへん多くなっているようです。
さて、まずは前提として、上記のとおり「介護老人福祉施設」ですので、「要介護認定」(介護区分は1~5まであり、5が最も重度)を受けている方を対象としています。また、その入所可能年齢については、65歳以上を対象としているところが一般的ですが、施設によっては40歳以上~としている等異なる場合がありますので確認した方が良いでしょう。
なお、前回ご紹介しました養護老人ホームの主たる入所資格の一つである「経済的理由」は、この特別養護老人ホームにはなく、大きな相違点となっています。
次に、入所後にかかる費用としては、介護サービス費の1割+食費といったところが主ですが、これも後々を考えると個々の施設に確認しておくべきところです。
前回も書きましたが、特別養護老人ホームは要介護者が対象であるため、相応の介護水準を維持している施設が多く、当然入所希望者も後を絶たない(というより「増え続けている」と言った方が正確)ために「入所待ち」となるケースが多発しています。介護区分を優先(介護区分が重度の人ほど優先的に入所)し入所させているところが多いようですが、中には数年待ちとなるケースもあり、今後老齢化の進展と共にさらに増えていくであろう要介護者を考えると、今少し抜本的な解決が望まれるところです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。