住宅型有料老人ホームや介護付有料老人ホームといった民間施設から(特別)養護老人ホーム等老人福祉施設まで様々な角度から紹介していく「シルバーライフサイト」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここまで、養護老人ホーム特別養護老人ホーム軽費老人ホームとご紹介してまいりましたが、ここからは有料老人ホームについてご紹介いたします。
まず、有料老人ホームの定義ですが、老人福祉法第29条に「常時10人以上の老人を入所させ、食事の提供その他日常生活上必要な便宜を供与することを目的とする施設であって、老人福祉施設でないもの」と規定されおり、ご存知のとおり運営主体は民間が大半です。
一般的に、有料老人ホームはいわゆる老人福祉施設等に比しどうしても費用負担等が大きくなってしまいますが、その分サービス面や施設設備等が充実しているホームが多く、快適に利用できる環境が整備されていると言って良いと思います。
また、最近では一人当たりの居住面積が広がり、居室付属設備(例えばトイレ等)も増加傾向にあるようですので、介護サービスの水準向上等と合わせて、より「住みやすく」なってきているようです(その分、費用負担の増加といった側面もあるのですが・・・)。
今一つ、「相応のお金を払っている」という意識が良い方に働くのか、老人福祉施設では言いにくいような「施設に対する要望・改善点」をぶつけやすい、という隠れた?メリットもあります。
さて、では実際に有料老人ホームを選ぶにあたり、何を重視したら良いのか?という話になりますが、「ここがポイント!」という点を挙げると、入居資格から権利形態立地条件身元引受人の有無をはじめ、いろいろあり過ぎてキリがなくなってしまうのが実状です。
従いまして、あくまでもご自身(またはご家族)の健康状態や懐具合(支出可能額)等を勘案してケースバイケースで決めていくことが最良の策であると言えます。

まずはお体(健康状態)と懐(お金)が前提、ということですね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。