住宅型有料老人ホームや介護付有料老人ホームといった民間施設から(特別)養護老人ホーム等老人福祉施設まで様々な角度から紹介していく「シルバーライフサイト」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は有料老人ホームに関する基礎知識として、有料老人ホームの「類型」についてご説明します。
有料老人ホーム」と一口に言っても、そのサービス内容や入居対象者、権利形態等は様々であり、まずご自身(またはご家族)にとって、どのタイプの老人ホームがベストなのか、十分に吟味する必要があります。
そして、そのタイプを表しているのが「類型」で、以下の3つに大別されます。

健康型有料老人ホーム
住宅型有料老人ホーム
介護付有料老人ホーム

まず、健康型有料老人ホームですが、一般的に、自立した生活ができる方が前提となっています。従いまして、「要介護」の状態となった場合は退去しなければならなくなりますので、そこまで見据えた老後設計をした方が賢明といえるでしょう。
次に、住宅型有料老人ホームですが、健康型との大きな相違点は、要介護状態となった場合でも訪問介護等の介護サービスを受けることができる、という点で、その際は施設側が運営する在宅介護サービスを受けることが一般的です。
最後に、介護付有料老人ホームですが、文字通り要介護状態で入居することが可能となっており自治体認定を受けた施設です。

このように、一口に「有料老人ホーム」と言っても、健康状態等により入所可能な施設が異なってきますので、まずはご自身(またはご家族)がどの程度通常生活能力があるかや、場合によっては健康状態が悪化した時等までを想定する必要があると言えるでしょう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。